在籍確認の電話ってあるものか? 職場バレは大丈夫?

借入の電話確認は?

定職に就かないフリーターは、正社員などの安定した雇用形態の方に比べ消費者金融からの位置付けがかなり低くなります。
消費者金融でお金を借りる時には必ずと言って良い程に電話での在籍確認を行います。
審査を通す上ではコレは仕方の無い事には違いありません。
なぜ、この在籍確認を行うのでしょうか? この簡潔な理由は、当人が本当に職場に勤めているか? この事をしっかりと確認する為です。
──働いてもいないのに、架空の職場の電話番号をいい加減に書いたとしましょう。
消費者金融側としては、やはり貸したお金を返さないといった人が一番困るものには違いありません。
ここまでしっかりとした審査を行うかについては、やはり借入を行う当人の返済能力を見極める為だと言えます。

 

これはアルバイトの雇用形態であったとしても、”必ず”同じように電話確認があります。

 

中には『消費者金融で借金をしている事が職場でバレたら嫌だなぁ』なんて感じる人も居るでしょうが、これは避けて通れないものです。
しかし、消費者金融側も工夫と配慮をしているので、その電話が消費者金融からだとバレるような電話のかけ方は絶対にして来ないのでご安心下さい。
当然の事ですが、お金を借りる事自体が非常にデリケートな問題ですからね。
お金を貸す側だって馬鹿では無いのです。
企業名を名乗らずに、個人名で電話をかけてくれる配慮を必ず行ってくれます。
貸す側としては『その人が本当にこの職場に在籍をしているのか?』この点だけが分かれば良い事なので、その電話に本人が出るか出ないかという事は一切関係が無いのです。

 

借りる当人に電話がかかってくる方が怪しい?

審査において、避けて通る事は出来ない在籍確認ですが……先程述べた通り、消費者金融側は在籍確認の時に個人名を名乗ります。
在籍確認をする担当者の方はプロです。当然手慣れているので、借金をしているとバレないような気遣いや工夫をしてくれるものですが、当然の如く100%絶対にバレないとは保証できません。
例え借入を行う当人が『家族だと偽って欲しい』『別の会社だと嘘をついて在籍確認の電話をしてきて欲しい』と頼んでも、それは消費者金融側が法律に違反してしまうので不可能です。
借入を行う側としては、『もしかしたら、バレてしまうかも知れない』という事をまず心得ておく必要があります。
──それに、アルバイトという雇用形態なのに、個人宛の要件で電話がかかってくる事自体が少しおかしな事だと思いませんか?
そんな中で、バイトの自分宛にいきなり電話がかかって来たとしたら『消費者金融の在籍確認かな?』と、バレてしまう可能性だってあります。

 

けれど、職場の人に消費者金融からの在籍確認だ! と、バレない為の対策もあるのです。
そのノウハウについて次項で説明をしていきましょう。

 

在籍確認で職場に借金バレしない為のテクニックとは?

@自ら電話に出る事
自分がその電話に出てしまえば、職場にバレる確率は格段に下がります。
それに、お金借りた当人が電話に出れば『本当にそこで働いている』と消費者金融側にも分かりますからね。
また、一つ良い手段を挙げるとするのであれば、消費者金融側に電話をかけてくる時間を指定するといった方法もバレないテクニックとして確実に有効です。
この方法ならば、あらかじめ消費者金融から電話もかかってくるという事も分かるので、確実に自分が出る事が出来ますからね。

 

Aクレジットカードを発行する手続きで……と同僚に伝える事
もしも、”アルバイトは電話対応不可!”という職場の場合は、どうする事も出来ないので会社側に任せる他はありませんよね。
けれど『電話があったけど、何の用だったんだ?』なんて同僚に聞かれてしまう可能性だって無きにしも非ず……ですね。
そんなケースに有効な手段は、クレジットカードを作る為に在籍確認の電話だと職場に伝える事がベストです。
職場には嘘をついてしまう事となりますが、実際にクレジットカードを発行する際に在籍確認を行うカード会社もあるので、消費者金融からの電話とバレない為にはこの方法はとても有効な手段だと言えます。