無職がアルバイトを始めれば消費者金融の審査に通過出来るもの?

工場勤務

消費者金融でお金を借りる為の最低条件と言えば、”20歳以上であり定期的に収入を得ている”という事が条件とされていますね。
また、消費者金融には年収の3分の1までしか借入する事が出来ない”総量規制(賃金業法)”という法律が適合されています。

 

ですので、仕事をしていない無職は、収入0で当然年収さえも無いのですから融資を受ける事が出来る筈もありません。
消費者金融側として見ても、収入0・年収0なんて人に融資を行えば、損でしかありません。それなのに審査を通す……なんて、事は愚かな事だと分かりますよね。
だからこそ徹底した審査を行っているのです。

 

無収入の自営業だからで通せる筈も無い

 

消費者金融の審査に通す際、職業の事を『会社勤務もしていません、現在自営業なので無収入です』なんて言って審査に通過しようとする人が居るそうですが……これってかなり無謀なものです。
早速結論を言ってしまいますが、消費者金融の審査の際に、実際に働いて収入を得ている証拠が必要になるので、無収入の自営業で通せる筈も無いのです。
確かに、自営業者は、名乗った時点で自営業者にはなる事が出来ます。けれど、収入が無ければ審査に通す事はまず無理だと断言出来ます。
だからと言って、年収欄にウソ記入をするのは絶対にNGです。ウソは良くありません。
担当者が在籍確認をする際に間違い無く怪しまれてしまいます。

 

最低でも半年は働かないと借入する事が出来ない

とりあえず収入を得る為に働こうとアルバイトを始めれば、消費者金融の審査に通過し、融資を受ける事が出来る確率は確実に上がります。
アルバイトをするという事は、毎月給与を貰うものなので、収入があるという条件が満たされますよね? 
アルバイトを始めて1カ月後、給与で12万円を貰った仮定しましょう。
この条件で、消費者金融の審査を行った場合、実は融資を受ける事が出来る可能性は少なからずあるものです。

 

しかし、この確率は極めて低いものです。
それがなぜかと言えば、そもそも消費者金融からすれば”アルバイト”という雇用形態は、当然の如く正社員や契約社員などに比べれば評価が低いのです。
例え1カ月に12万の収入があって、年収144万の稼ぎがあると想定出来たとしても、勤務年数が少なければ、借入しにくいのです。
それに加えて、バイトで勤務初めて未だ1カ月……と、なれば評価は更に低くなる事が納得出来ますよね?
ただそれだけの情報で、”仕事が長続きしない人”と、判断される場合もあるのです。

 

けれど、最低でも半年間はバイトを継続出来ているという実績があれば、そこまで低い評価となりません。
逆を言ってしまえば、登録型の派遣バイトで登録期間が半年程あれば事実上無職期間があったとしても、派遣会社に登録をされているという事から、審査に通過する事が出来る場合だってあるのです。そうすれば、小額融資のキャッシングメニューなどで借入契約が出来る確率もより高くなります。
ですので、もしも現金が必用! といった場合、とりあえずフルキャストのような派遣型バイトにひとつくらいは登録をしておくと、審査では確実に有利だと言えます。