ナイトワークは金融業に怪訝されるもの?

水商売

スナックにキャバクラ、風俗店……といったナイトワーク。所謂”水商売”と言われるこの業種をしている女性でも消費者金融で借入をする事は可能です。
けれど、残念な事に水商売は社会的に信用度がかなり低いものには違いありません。
別に職業差別といったワケではありませんが、こういった職業は退職率・離職率が他の業種に比べて非常に高いといった背景があるからです。
仕事を辞めてしまうとなれば、収入が途絶えると考える事が普通です。
だからこそ、消費者金融側からすれば融資したお金の返済が途絶え、損しか無いという事が起きてしまう可能性があるからこそ敬遠されるのです。
”安定していない職業”という風に見なされている部分もあるものですが、バックレをしたり音信不通になるなど突然連絡も取れなくなってしまういい加減な人が多いという現状があるからこそ、尚更敬遠されるのです。

 

とは言え、例えキャバ嬢や風俗嬢などの水商売だろうが『安定して定期的な収入を得ている』という事実こそあれば、借入出来る資格はあるのです。
これは大凡の目安ですが……半年以上きちんと働いている実績があれば収入の点には問題がありません。また、収入の大きな変動が無いという事も重要なポイントとなります。
一例を挙げてみますが、先月はお店から売上げ貢献があったと表彰を受け賞金加算されて120万円貰ったけど、今月は客のツケがかぶってしまい20万円しか稼ぐ事が出来なかった。
……なんて場合、お金を貸す側である消費者金融からすれば『そのうちこれは0円収入になるのでは?』なんて、不審に思えてしまうものです。

 

また、消費者金融によってはレディースローンなどの女性専用を特化したメニューやプランを用意しているところも数多く存在します。
専業主婦の枠なども設けているので、こういったところでは女性が審査に通過しやすくなっているものです。
また女性というと、消費者金融で借りるより銀行系カードローンで借りる方が多い傾向があるものです。しかし、実は消費者金融の方が審査の難易度がそこまで高く無いという事を知らない方が多いものです。
ですので収入があるのならば、女性用を特化したレディースローンのあるアコムやモビットなどから申し込んでみるという手段も賢明だと言えます。

 

勤務年数だけには気を着ける事! これで審査も怖くない

もしも”1つのお店で長い事働いている”という実績さえあれば、審査はさほど問題ではありません。
けれど、水商売で働く人と言えば、同じ場所に留まらずに別の店へ移動する傾向のある方も居るものですよね?
こうして、1つのお店での勤務年数が数ヶ月単位と短ければ審査に通りにくくなってしまうものです。
……けれど、これを逆に考えれば1つのお店で長く働いているという実績さえあれば、借入出来る可能性は確実に上がるという事が分かるのではないでしょうか?

 

当然の如く借入する本人が女性であろうが、消費者金融でお金を借りれば審査の際に職場に在籍確認の電話を担当者が入れるものです。
これは、そんな在籍確認時の”ちょっとした裏技”ですが……勤務先の店長やスタッフさんに裏口を合わせておいて『長く勤めているという事にしてもらう』といった方法はアリですね。
その時に『2年勤務しているって事にして下さい! お願いします♪』と頼み込んでおいて、了承さえ得られれば、審査を通過出来る確率は劇的に上がります。
それに、水商売と言えば収入が一般職の比では無い程に高い故に年収も多いものですよね。
年収3分の1までの借入となる総量規制の元で考えていけば分かる事ですが……その分借入限度額も増えるものです。
だからこそ、まずは最初の審査をクリア出来るかどうか? が、かかっています。

 

申し込みする時は会社名で! 絶対に!

風俗業と言えば、家族バレなどを防ぐ為にもダミー会社を設置している所が多いものです。
つまりは”さも普通の会社で勤めているかのように見せる”カモフラージュですが、勿論消費者金融の借入を行う際にもコレを利用する事が可能です。
これはウソの架空会社でもなく、きちんと登録をされているものなので借入審査時の在籍確認を行うとしても都合が良いと言えます。
ですので、借入の審査時は実際にお店を経営している会社の名前を出す事を忘れ無いようにしましょう。