現在休職中。借入出来るものなのか?

求職中も借入OK?

お金が足りないからこそ、消費者金融で融資を受けたい。けれど……アルバイトという雇用形態では希望も薄いのでは? と、考える人は多いでしょう。
確かにどこの金融機関から見たって、貸すのであれば安定した給与を貰ってる公務員や会社員の方が良いと思うものですし、審査にも通り易いものには違いありません。

 

病気や怪我で数週間〜数ヶ月休まざるを得なくなってしまった! なんて場合。
更にアルバイトだけで生活をしていて現在休職中という場合は『絶対借入れ出来ないだろう』と、不安に思ってしまうものではないでしょうか?
無情な事に、”仕事をしている時よりも休んでいる時の方がお金って確実に必要”になるものですからね。──こういった場合、借入は可能なものでしょうか?

 

年収が重要ポイントに!

実は、消費者金融の申し込みにおいて今現在休職中かどうか? を問われるという事は殆どありません。
つまり、長くアルバイトをしていて年収もあり”今まで安定した収入を得ていた”という事実があれば、借入出来る可能性の方が高くなります。
休職している間は収入が事実上0円となりますが、普段毎月15万円の手取りがあるとすれば、15万円×12カ月の単純計算で年収は180万という計算になりますね。
休職している月も同額の収入を得ている計算で申請を出す事がポイントとなります。

 

今現在の消費者金融では、年収の3分の1までしかお金を借りる事が出来ない”総量規制”の法律が適合されています。
つまり、この総量規制の法律によって借入出来る最大の金額が決まるものです。
ですので年収180万円という場合、借入の最大限度額は60万円という事になります。
とは言え、年収180万ならば誰でも60万円の融資を受ける事が出来るか? と言えばそうではありません。
ここで消費者金融側が審査の判断材料とするものは、”安定した収入がしっかりあるか?” という点と”そのアルバイトの勤務をどれだけ長く続けているか?”という点です。
これを重視した上で、どれだけ貸せるか? と厳密に審査を行っています。

 

余談ではありますが……アルバイト従業員でも休職する事が出来るという事は、それなりに事業規模がある会社でなければ不可能な事ですよね?
その勤務先に信用があるという事は、消費者金融側にとってもこれはとても重要な基準となります。
また、アルバイトを始めたばかりで借入の申請を行うとなれば、限度額が10万程度という事も充分にありえます。
例え休職中だとしても、長く在籍してる職場に未だ在籍しているという事実は、審査においてとても大事になってくるものです。
ただし、提出書類に収入証明書として給料明細が必要といった場合、直近2カ月の明細を提出しなければなりません。
その場合、休職中で月給0円となってしまうので借入不可となってしまう場合があります。
こういった場合は、源泉徴収票などの別の収入証明書類を用意しておいた方が賢明です。