短期バイトや日雇いの派遣バイトでも借入可能?

工場勤務

 

アルバイトとは言っても、工場軽作業や引っ越しやガードマンや試験監査、食品売り場の試食提供を行うマネキンさん……といった派遣勤務のバイトばかりをしていると、消費者金融で借入出来るのだろうか? と、不安を感じてしまうものですよね。
その他モデルやコンパニオンといった業種も浮かぶものですが、高給取りとは言え、これだって日雇い契約ですからね。果たして貸してくれるのだろうか? と、疑問に思えてしまうものです。

 

まず消費者金融は『収入が安定している人を審査に通す』傾向がある事を知っておかなくてはいけません。実際にそのアルバイトが収入が安定しているのか? 考えてみてください。
……これが、借りれる・借りれないの分かれ道ではないでしょうか?
また、雇用状態を気を付ける事によって、借入する事は可能となってきます。
例え短期のアルバイトであったとしても、実際に1日だけ或いは短期間アルバイト先に派遣してもらうという形であれば、審査に通る事が出来きます。
これがなぜかと言えば、派遣会社に登録している事によって、勤務先の会社名を記入する事が出来るので、在籍確認を取って貰う事が出来るからです。
更に言うと、もし借入先が大手消費者金融といった場合は、50万円程度の借入ならば収入印紙は不要となる上、派遣会社に所属している期間が長ければ長いだけ、借りれる確率は確実にアップします。

 

日雇い派遣の場合 上手なやり過ごし方ってある?

特に派遣会社には登録しておらず日雇いアルバイトを転々としている……と、いった方は正直に、審査に通る事が厳しいと言えます。
これを掘り下げて説明すると、例え日雇いアルバイトを転々として月に30万円の収入があったとしても、在籍確認を取る事が出来ません。
更に厳しい事を言ってしまいますが、日雇いの単発的なバイトをしている方は『仕事をしていない時=無職』という事となってしまうのです。
その為、審査に通らない可能性が高い事を理解しておかなくてはいけません。

 

だからと言って諦める必要はありませんよ。
『無職の勤務先無し』だと、借入出来る可能性は限りなく0ですからね。
こういった場合は、フリーランスという事にして自営業と名乗ればOKです。
勿論、自営業でも借入の為の審査はありますし、審査に必ず通過する事が出来るワケではありません。
”その都度仕事が違っている”というだけであって、フリーランスという事には嘘はありません。それならば、「自営業」という風に書いたとしても良いのではないでしょうか。

 

派遣会社に登録さえしていれば短期アルバイトでも借入可能

アルバイト派遣会社に登録をしている上で、色んな場所を転々と短期でアルバイトをしているのであれば、勤務先を派遣会社にする事が出来ます。

 

給料明細等の収入証明書類も派遣会社から出して貰えるので、それだけで派遣社員として扱われますからね。
けれど、先程も述べた通り、借入額が50万円以下と少ない場合は収入証明が必要無しという場合が多い事が事実です。
それよりも、自分の履歴書がしっかりと残っていて、人事や総務担当の方に在籍確認の電話連絡が入った場合に、適切な対応をして貰える事の方がとてもありがたく感じるものですね。

 

ですので、短期の仕事を中心に働いているとしても、派遣会社に登録した上でのアルバイトであれば消費者金融で借入を行うが可能と言えます。
しっかりと書類の提出も出来て、在籍確認さえ取れれば、最短で即日融資を受ける事が出来きますよ。