アルバイトは銀行系カードローンで借入出来る?

銀行員

消費者金融(キャッシング)と銀行系カードローン。
この双方のうち、カードローンは消費者金融よりもやや審査が厳しいという風潮があります。そんなカードローンでアルバイトという雇用形態の人は借入する事が出来るのでしょうか?

 

しかし、実際に調べてみると大手銀行に比べて信用金庫や地方銀行などは小額制のフリーローンのプランがある所が多いので、大手銀行に比べれば確実に借入しやすいと言えます。
先程述べた通り銀行は消費者金融に比べやや条件も厳しいのです。

 

アルバイトやパートといった雇用形態は対象外としているところもありますので、銀行のホームページなので条件の確認をあらかじめ行っておいた方が賢明だと言えます。 
この時に、『アルバイト・パートは対象外』と書かれていれば諦める他ありません。
ちなみに真っ赤な看板でおなじみの大手銀行の”三菱東京UFJ銀行”と真っ青な看板でおなじみの”みずほ銀行”などはアルバイトやパートなどの非正規雇用の方にもカードローンの申し込み宣伝を行っています。
こういった点を踏まえて考えると、まず先に誰もが知ってるような大手銀行で申し込みを行って、それに落ちたならば信用金庫や地方銀行などで申し込みを行った方が賢明だと言えます。

 

金利は良いけど、審査は相当難関?!

銀行系カードローンはアルバイトの雇用形態で借入OKだとしても、勤務年数は1年以上・借入したお金の使い道を確認する為の書類提出・保証会社の保証を受けられているか? 
……と、いったような条件があり、やや厳しいものです。

 

しかし、これらの厳しい条件さえクリアすれば、銀行系カードローンで借入を行う事には大きなメリットが二つあるのです。
ひとつめのメリットは、金利が低いというところです。
例えば、50万円以下の借入を行った場合、消費者金融で借りるのであれば金利手数料は18%程かかるものですが、銀行系カードローンの場合は10%以下で済むのです。
金利手数料とはつまり、お金を借入する為のレンタル料という事になりますが、これが安ければ返済する額も少なく済むのです。
ふたつめのメリットは、銀行は返済年数を長く設定する事が出来ますので、余裕を持った返済プランを立てる事が出来ます。

 

「消費者金融で借金を背負う」と「銀行で借金を背負う」この双方のニュアンスで言えば、後者の方が罪悪感も少ないと思う方も居るのではないでしょうか。
確かに消費者金融のアイフルで借入を行うよりも、三菱東京UFJ銀行で借入を行う方が手堅いイメージがあるものです。
ですが、実質的に利息が僅か数パーセント違うだけであって、双方に違いは何も無いのです。
借入する事が出来る状態であれば、消費者金融よりも銀行の方で借入の検討を行った方が金利手数料的意味では賢明だと言う事が出来ます。
しかし、銀行から借入をする事ばかりにこだわり、消費者金融を避ける事は決して得策だと言う事が出来ません。
これは決して一概に言える事ではありませんが……実は、銀行カードローンの審査に落ちたという人が、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠に通って借入に成功したとう例は多くあるものです。
感覚的に、”銀行系カードローンで落ちたならば、消費者金融のキャッシングで危機回避を!”という、考え方の転換も出来る事を忘れ無いで下さい。