もう少しだけ借入したい! どこなら融資可能?

3社目借りれる?

定職に就かないフリーターは、正社員などの安定した雇用形態の方に比べ消費者金融からの位置付けがかなり低くなります。
なので、例え『アルバイトでも借入出来た』とは言っても、2社目3社目と別の消費者金融からの借りたいとなれば、難易度が格段に上がります。
当然の事ながら、消費者金融は貸したお金が返ってこない事が一番困るので『この人危なそうだな』という人にはまず簡単に審査に通す事もありません。

 

そもそもアルバイトは、年収がせいぜい120万円〜180万円程度が平均ですよね。
消費者金融には年収の3分の1までしか借入不可という総量規制の法律が適合されているので、アルバイトの年収が180万円とすれば、単純計算で60万円の限度額となります。
しかし、これは1つの消費者金融で借りれる限度額が60万円という事ではありません。
複数社で借りるとしても総額で60万円までという事になります。
もしも、60万円を既に借りてしまっているという場合は、他社で借入を行おうと思っても絶対に貸す事がありません。
これがなぜかと言えば、消費者金融が総量規制を超えたお金を貸せば、消費者金融側が法に違反してしまうのです。
だからこそ、自分がいくらの借入が出来るか? というところは、事前にしっかりと把握しておかなければなりません。

 

自分が年収180万円のアルバイト勤務の雇用形態と仮定してみてください。
……実際に借入申し込みをしたら、初めから60万円を貸してくれるものでしょうか? 既に借入と返済の実績があるのならば別となりますが、初回から最大上限額が60万円となる確率はかなり低いです。
まず最初となれば、信用が低いので、年収の3分の1という総量規制の額に関係無く10万〜20万程度といった金額が最初の借入相場となります。
ですので、『どうしても60万円が必要』といった場合は、2社・3社と金策に巡らなくてはいけない事となります。

 

総量規制を意識する事を絶対に忘れ無いこと!

総量規制を逆手に取って考えるのであれば、年収の3分の1までお金が借りる事が出来ます。
勿論、アルバイトという雇用形態であったとしても、消費者金融の特徴をしっかりと理解し知識をつけておけば、借入する事は可能です。
しかし、消費者金融ではアルバイトのみの収入という方には大きな金額を貸してくれないという事は事実でありよくある話には違いありません。
実際に60万円まで借入出来る筈なのに、10万までしか融資を受けられなかったという例も多くあります。

 

けれど、10万円しか貸してもらえなくて10万借りたのであれば、残り50万円を借りる事は法的に出来る事なのです。
ただ、審査はとても厳しいので、『絶対』という保証もなく『確実に借りれるか?』においては定かではありません。
こういった場合、借入先の消費者金融選びがとても大切になります。
ちなみに小額の融資を積極的にしてくれる会社として、プロミスとアイフルは有名です。
アイフルに関しては、小額借入をする方向けのメニューがあります。
2社目の融資先を探しているアルバイトの人といった場合には、比較的借入もしやすいです。

 

 

アルバイトの雇用形態で本当に3社借りれるか?

きっぱりと、この答えを早速言ってしまいますが……正直に厳しいです。ですが、借りれない事は無いというワケでは無く可能性も0ではありません。
ただし、1社目に20万、2社目に10万、3社目で5万……と、このように借入先を増やせば目に見えて金額が段々と減ってくる事は間違いありません。

 

確かに総量規制限界まで借りる事が出来るというルールはあります。
けれど、実際に借入出来るか否やにおいては、消費者金融が審査をして見極める”あなたの信用”にかかっているのです。
別に審査を受ける事自体は悪い事では無いので、2社ででの借入が成功したのならば、次の申し込みをしても良いでしょう。
けれど、審査に落ちて借りれなかったとしても違法金利で営業する業者(闇金融)からは絶対に借りてはいけません!